家庭科室

▼過去ログ213
2019/2/7 2:30

★花牟礼 奏汰
ねー、今ならそう思えるんだけど昔は全然覚えらんなくって。音楽室じゃ楽器くらいしか備品無いしもうそういうの覚える機会もないんだけど。うん、みんなでお金出し合ってCD出したりしてるよ。小さいホール借りてライブとか…路上でも時々。わ、岬先生の耳にも僕らの音が届いてたら嬉しいなぁ。MADRiver〈マッドリバー〉ってバンドなんだけど(相手の想像通りまだ大きな活動とまではいかないが細々と動いていると頷いて、もしかしたらワンフレーズだけでも聞いてもらえたことがあるかもという希望を抱けばバンド名も明かしてみて首を傾げ。続く申し出にはカラコンが入り色の変わる目を丸くしながら驚いて、こうして面と向かって話すのは初めての相手にそこまで呼んでいいのだろうかと躊躇う気持ちが多少あり少しおずおずとした感じで呼んでみて。しかしすぐに照れてしまって頬を染めながら笑い)えっ。…お、お姉ちゃん?…ふは、待ってなんか恥ずかしいよさすがに!
2/7 2:30

★岬 大河
あらそう?意外と覚えるのも面白いわよ。前に努めてた先生の性格とかもなんとなく分かるしね。あら、バンド活動もされてるのね。もしかして自費でCD出してたりもするのかしら?それなら何処かで聞いたことがあるかも知れないわねぇ…(楽しそうに笑いながら返して、饒舌に語る相手の姿を微笑ましく思いながらも笑みを深めれば相手が凭れている壁の直ぐ近くにある調理台へと腰を預ける形になって冗談交じりに告げ)あら、素敵な偶然じゃない。そうね、少しだけど年上だし、なんならアタシの事もお姉ちゃんって呼んで貰って良いわよー。
2/7 2:18

★花牟礼 奏汰
やっぱり?行く先々で覚えるのって大変そうねぇ、僕学生の頃よく何がどこにしまってあるのか結局ちゃんと覚えられなかったなぁ。菜箸とか毎回全部の引き出し開けて探したりしてたわ。んふふ、ちょっと当たり。軽音部のドラム借りて軽く叩いてたの。僕ドラマーでね、家にもドラムあるんだけど帰るまで我慢できなくって(備品についての話には自分の思い出話を交えつつ来たばかりの相手なら尚更覚えるのが大変だろうと気遣い、趣味について問われれば聞かれてもないのにペラペラとよく回る舌で饒舌に語り機嫌も少し上昇して。年齢を教えられると自分も遅れて教えながら小さな共通点ではあるがそれでも嬉しそうに笑みを浮かべて)あら、岬先生お姉ちゃんと同い歳じゃん。だから余計になのかも。僕は26なんだ、ちょっと年上だね。
2/7 2:05

★岬 大河
えぇ、そうしてくれるとアタシも嬉しいわ。んー…そうねぇ…やっぱり学校によって色々変わるわよ?全ての調理台にザルなんかの調理器具を一式ずつ仕舞っている所もあるし全部纏めて一つの場所に置いている所もあるしね。お掃除は大事よね。だけど音楽室の掃除は大変そうだわぁ。楽器もあるから気を遣うんじゃない?音楽室でやる趣味と言ったら…作詞とか作曲かしら?あとは単純に楽器の演奏…(相手の言葉遣いが敬語から素の口調へと変われば緩く笑って告げて今まで勤めてきた学校の備品事情を簡単に説明し、相手が今までやっていた内容を聞けば軽く頷いて自分なりに推測した相手の趣味を口に。続いた言葉に同意を示すと、謝罪に関しては気にするなと片手を振って自身の年齢を隠すことなく告げて)家族から離れて暮らしてるとふとした事が懐かしく感じるわよね。あぁ、大丈夫よ?アタシ、29歳だし花牟礼先生より年上だと思うから
2/7 1:55

★花牟礼 奏汰
そう?じゃあ素の喋り方にするよ。備品とか学校によってやっぱり場所とか変わったりするのかな、僕は音楽室にしかほぼ居ないからその辺よくわからないんだよねぇ。…ああ、音楽室の掃除して、あとはちょっと趣味の作業とかしてたんだよ(素の喋り方でもいいと許可を得られたなら少し口調を崩し相手の質問に答えながらここまで時間がかかったのは主に趣味に時間を割いてしまったからだと言わずとも苦笑して。リラックスするように近くの壁にもたれ掛かると相手の口調に少し突っ込んでみて、年齢や年の差まで把握しておらずもしかしたら失礼だったかもしれないと片手を上げて軽く謝罪しつつ)あー、いいなぁ岬先生の喋り方。実家のお姉ちゃん達を思い出して懐かしくなっちゃう。あ、年下かもしれないのにお姉ちゃんとか言っちゃってごめんね?
2/7 1:31

★岬 大河
えぇ、こんばんは。あぁ、敬語とかは別に使ってくれなくて平気よ、堅苦しいのは苦手なの。そう、早速明日から授業だからね、備品の場所なんかを確認に来たのよ。花牟礼先生はこんな時間まで作業でもしてたのかしら?(挨拶を返せば相手の口調が敬語に変わったことに気づき片手を振って。壁際の時計へと視線を向けると随分と遅い時間であり、不思議そうに問い掛け)
2/7 1:16

[214][212]
[掲示板に戻る]