家庭科室

▼過去ログ215
2019/7/7 3:48

★柳瀬愁
(明るい室内、誰かがいたことに安心したのか若干涙目になっていた目をぱちぱちとさせながら未だに心臓は速く脈を打っていて。夜中に校舎に勝手に入ったことを怒られる心配よりも先程の謎の音への恐怖心の方が強く扉から離れて2人の教師の方へと近づきつつ不思議そうな視線を向けて)みっちゃん先生…うん、ちょっと寝れなくなっちゃってあちこち徘徊してたんだけど…みっちゃん先生達は何してるの?>all
7/7 3:48

★岬 大河
こんばんは。あぁ…そう言えば顔は見たことはあるけど話したことは無かった気がするわね…改めまして、よろしくお願いします、神代先生。…そうですか?だとしたらアタシの気の所為だったかも知れませんね…えぇ、大丈夫。大きな音を立ててしまってごめんなさい?怪我は無いから大丈夫です(此方からも笑みを見せて挨拶を返せばあまり関わり合っていなかったなぁと思い出しながら改めての言葉を口に、怪我については問題無いと言葉にしてシンクに置いた調理器具の中へと水を溜めていた所で扉が再び開き飛び込んできた人物の姿を目に捉えると見知った生徒だと気軽に声を掛けて)…あら、柳瀬君じゃない、こんな時間にどうしたの?確か寮とかには入っていなかった気がするけど…深夜徘徊って奴かしら?>all
7/7 3:33

★柳瀬愁
ひっ…!?(特にどこに行くというあてもなく時折他クラス、他学年の教室を覗いてみたりして歩き回っていれば静かな空間に突然何かが落ちたような音がそう遠くはない何処からか聞こえてくると大きく心臓が跳ね。叫び声こそ出はしなかったがそこから逃げるように走り出し、ふと進む先の家庭科室の電気がついていることに気付くとそのまま駆け込んで)>all
7/7 3:23

★神代 秋葉
あぁ、岬先生。こんばんは。いかにも俺は神代だ。こうして話すのは初めてであったな、よろしく頼む(室内に入ればそこに居たのは怪異、ではなく職員室で挨拶くらいは交しただろうか同僚の姿で。のんびりとした口調で挨拶をすればにっこりと笑みを浮かべ、廊下に立ちっぱなしもどうかと思い中へ入り。構内に残る人影の話になれば首を傾げ、不意に立った物音にぴくりと眉を動かせば同僚に怪我はないかと歩み寄り)さてなぁ、俺はずっと準備室にいたから他の者は見ておらんな。おっと、大丈夫か?>all
7/7 3:20

★岬 大河
そう言えば校舎の中を動く人影があった気がするんですけど…神代先生は校舎の中で生徒の姿とか見たかしら?(新たに作業を再開しながらも問いを投げれば乱雑に並べた調理器具を重ねてシンクへと置く際に手を滑らせてしまうと、大きな金属音が静かな夜の校舎内へと鳴り響いて)あらやだ、手が滑っちゃった…>all
7/7 3:09

★柳瀬愁
(猫耳フード付き半袖パーカーにチノパン姿、前髪をひよこのヘアゴムで結い上げ揺らしながらリュックを背負い。ふと目が覚めてしまってから寝付けなくなったためそっと家を出て街中をのんびりと歩いていたがそのままなんとなく学校の方へと足を向けて)……夜の学校ってやっぱ怖いな…。(真っ暗な校舎に目を向け呟いた後にそれでも好奇心の方が勝ったようで校舎内へと侵入し散策し始めて)>入室
7/7 3:00

★岬 大河
…うーん…(家庭科室に入れば室内の電気を付けて手にしていたエプロンを身に付け、メモ帳や筆記用具やらもホワイトボード前に設置された調理台の上へと置けば先ずはと確り手を綺麗に洗ってボウルやバット、デジタルスケールやザル泡立て器など様々な調理器具を取り出せばそれを調理台の上へと。次に冷蔵庫の中や棚の中から卵や小麦粉、牛乳や砂糖や果物などの材料類も取り出すと何種類かの菓子を並行して作業を進めて数十分後、出来上がったゼリーやアイス、水ようかんやフルーツポンチなどをそれぞれに眺めながら再び悩む仕草を見せていたが、不意に家庭科室の扉が開くと其方へと視線を向け、職員室にて見た事のある人物だと言うことに気が付けば相手の名前を口に出しながら首を傾げ)取り敢えず一通り作ってみたけど…普通のだとつまらないわよねぇ…小さなアイスケーキでも作ってみようかしら…あら、こんな時間にお客様かしら?えぇと…確か神代先生、だったかしらね…?
7/7 2:59

[216][214]
[掲示板に戻る]