家庭科室

▼過去ログ196
2018/7/13 22:37

★朝比奈紘
そうみたい。だからいろいろやるなら今がチャンスだよ(こくりと頷き返せば中央に設置されている卓上流しそうめん器へ近づいて、明日の本格的なものなら難しいかもしれないが家庭用であればいくら不器用な己でも簡単だろうと余裕そうな顔つき。片手にお椀、片手に箸を持つと早速流れてくるそうめんを狙うものの悲しいかな一本たりとも箸にひっかかることはなく)嘘でしょ……
7/13 22:37

★柚月 響也
(ひょいと覗き込んだ先で見知った後輩が笑っているのに気付けば、小首を傾げつつ中へと入っていき)紘?あれ、他の人まだおらんのか。(そう言って抱えてきた荷物をテーブルに置いて一息ついて)
7/13 22:23

★朝比奈紘
(きゅうりの形が不揃いでちくわの両端から大きくはみ出してしまっている不恰好なちくわきゅうりが入った容器を片手に持ち、周り見渡して見るも約束した教師の姿が見えなければ冷蔵庫の奥にしまっておくことにして。奥先生へ、と書いた付箋を蓋に貼り付けてあるため、本人も気づいてくれるだろう。様々なフルーツが小さくカットされた状態で詰まっている容器はバイト先のオーナーにもらってきたもの。それらを何種類か卓上に並べ終えたところで家庭科室の扉が開けば奥先生か恋人か、と期待に満ちた表情で顔を上げるも視線の先に猫耳が揺れているのなら思わず小さく吹き出して)……ぷはっ、猫かい
7/13 22:18

★柚月 響也
わぁ〜、遅れてもうた。(蛍光オレンジのタンクトップに黒のハーパン、猫耳&尻尾つきの半袖パーカーに、昇降口で履き替えた上履きを履き、バタバタと家庭科室へとやって来ればドアを開けて中へと入って)>入室
7/13 22:03

★朝比奈紘
(白とネイビーのボーダーカットソーに黒スキニー、黒のレザーサンダルを合わせ、エディターズバッグを肩にかけてバイト先から学校へやって来ると家庭科室に直行。扉を開けた先に教員や生徒の姿がほとんどなければどこか安堵したように息を吐き出し、端っこへ向かい一角の席を確保したならバッグの中から数種類のタッパーを取り出し次々と机の上に並べていって)>入室
7/13 21:51

★柚月 響也
そうやねぇ。何人かと悲しい別れもあったけど、ここに来て幸せなことばかりやわぁ。(しみじみとそう言いつつ、2個目を平らげたなら棚やら引き出しを探していたが、相手がタッパに入れてからビニール袋に詰めてくれるのを嬉しそうに見つめて)何から何までおおきに。なんや、世話になりっぱなしやなぁ。なんかお礼を・・え?あ、ええけど、なんや急いでるん?気ぃつけて帰りやぁ?(不意に相手に鍵を手渡され戸締まりと消灯を頼まれればキョトンと相手を見つめるが頷いて手を振って見送り)あ、名前聞くの忘れた。ま、ええか。(片手にビニール袋を下げ、戸締まりをすれば、電気を消して家庭科室を後にし、職員室に鍵を返しに行ってから帰路につくだろう)>退室
6/18 0:43

[197][195]
[掲示板に戻る]