SM告白BBS(M女)
1676630アクセス

一歩先行く掲示板

[投稿][検索]

◆お知らせ
体験談、妄想、願望、なんなりと淫らな告白をお書き下さい。
☆ご注意☆
感想などはここに書かず
感想BBSへお願いします。
全角1000文字投稿可能





▼美樹
美樹、私のオシッコの味はどうだった?
はい、とても美味しかったです。
そう、瑞穂さんとどっちが美味しかったの?
そ、それは...勿論、麻衣子様のオシッコです。
本当に?正直に言いなさい。
嘘じゃないです、本当に美味しかったです、また飲ませていただきたいです。
そう、わかった、気が向いたら飲ませてあげるからね。
はい、麻衣子様のオシッコを飲ませていただける私は幸せです
そうね、美樹、お前は私の性奴隷になれた事を感謝して私に誠心誠意尽くすのよ。
はい、麻衣子様。
じゃあね、美樹 玄関から今すぐ出なさい、四つん這いよ。
あっ、で、でも裸です...

飼い主の私が出なさいって言ってるのよ、早く出なさい!
...は、はい...
私は仕方なく玄関の扉を開きゆっくりと這い出ました。
幸い通路に人影はなくホッとした時でしたバタンと扉が閉じられたんです...
焦りました、マンションの通路とは言え屋外である事に変わりないんですから、通路に身を隠せるような物など有りません。
もし、今エレベーターから人が降りたら、あるいは何処かの部屋の玄関が開いたら全裸を間違いなく見られてしまう
生きた心地がしませんでした。
美樹、素っ裸で外に放り出された気分はどう?
扉の向こうから麻衣子様が楽しげに問い掛けてきました。
恥ずかしい...です...お願いします麻衣子様ドアを開けて下さい...中に入れて下さい...
何故?美樹は見られたいんじゃないの〜は、だ、か...そう言って笑う声がドアの向こう側でしました。
...お願いします..麻衣子様..ドアを開けて下さい...私は懇願しました。
美樹、さっき言ったでしょ、今日はイブだから特別なプレゼントの用意があるって
そのプレゼントがそろそろ到着する頃なのよ、だからもう少しそのままで居なさい
プレゼント?到着?私には麻衣子様の言っている意味が分かりませんでしたけど、その直後でした、エレベーターの方に人影が現れたんです、二人の女性でした。
素っ裸の私は成す術も有りませんでした。

(501SO/s)
8/12(日)21:26
[削除]

▼美樹
美樹、私の調教よりもお前の心構えが肝心なの、私は美樹を奴隷市場で最高値が付く牝に成って欲しいの、くれぐれも私に恥をかかせるような奴隷にはならないでよね。
奴隷市場?って...そんな市場があるのですか?
馬鹿ね、そんな市場があるわけないじゃない、例え話よ。
それよりも美樹、今日イブでしょだからお前に素敵なプレゼントを用意してあるのよ...
...プレゼント...ですか?有り難う御座います、お姉様...
後のお楽しみよ、気に入るかわからないけど...
ところで美樹は飲尿の経験有るんだよね?
はい、お姉様、瑞穂様に調教されていた時に何度か...
美味しかったの?
それは...その...はい、美味しかったですお姉様...
じゃあ私のも飲めるよね?
私が頷くとスカートの中に顔を入れて直に飲むようにと...
麻衣子様のその時のスカートはニットのロングワンピースでした、玄関で素っ裸の女が同性のスカートの中に顔を入れるという非現実な状況と先程男の子に見られたという事で私は異常に興奮していたと思います。
麻衣子様は下着を穿いていませんでした。麻衣子様はもとより私に飲ませるつもりだったんだと思います。
剛毛で縮れた陰毛、私は麻衣子様の陰部に口をいっぱいに開けて吸い付きました...
間を空けづ私の口中に麻衣子様の生暖かいオシッコが...
美樹、溢さない様に全部飲みなさい。
...陰部に口をつけている為に当然返事は出来ません、私は麻衣子様のお尻を撫でさする事で返答しました。
1〜2分で放尿が終わり私は麻衣子様の陰部を舐め滴までも飲みました。
身体が火照り乳首は硬くなり股間は性的興奮を示していました
(501SO/s)
5/3(木)17:59
[削除]

▼美樹
エレベーターから麻衣子様の部屋の玄関迄の間 時間にすれば数分、でも、私のその時の感覚では一時間以上にも思えました。
身をちぢこませる様にしてチャイムを押したんですけど反応がなく正直焦りました、繰り返しチャイムを押しドアを叩きました...
そんな何故?...お願い早く開けて麻衣子様...私は泣きそうでした、ドアに顔を近づけて更にお姉様...と呼び掛けようとした時にガチャと音がして3件先のドアが開いたんです。
息が止まるほどの驚きと緊張のあまりに身体が強張り動く事が出来ませんでした、もとより通路に身を隠す場所などなく私はバックで股間を隠すのが唯一出来る事でした。
ドアから出てきたのは高校生?くらいの男の子で素っ裸の私を見て驚きそして凝視しました...私はその場に蹲るしかありませんでした。
破滅を覚悟しました....
でも、男の子が近づく気配がなく私が恐る恐る視線を向けると男の子は足早にエレベーターに向かっていました。
私を異常者か何かと思って警戒したのかも知れません
兎も角、男の子が何もせずに立ち去ってくれた事にホッとしました...そして再びチャイムを押すと笑いながら麻衣子様がドアを開けてくれたんです。
美樹、見られちゃった?
その言葉と態度で麻衣子様がわざとドアを開けなかったのだと気付きました...
美樹、おいでと玄関内に手招きし私を引き寄せキスをし舌を絡めてきました...そして、下半身をまさぐる...
美樹、見られたのに濡れてないね?
だってあの状況だったから...と言った途端に麻衣子様に平手で頬を叩かれました...美樹!飼い主に対してなんなのその言葉使いは!
す、すいません...御免なさいお許し下さい...
まったく馬鹿なんだから、それに見られたのに濡らさないのは美樹の性奴隷としての自覚が出来てない証拠よね、瑞穂さんも私もまだまだ調教が甘いのかしらね?もっともっと破廉恥で卑猥な牝豚に躾る調教メニューを考えないと駄目ねぇ。
そう思うでしょ美樹?
はい、お姉様...美樹もイヤらしい牝豚にして欲しいです。
(501SO/s)
3/9(金)20:05
[削除]

▼交際応援サークル
エッチな男女の集い…
交際応援サークルです(^^)

浮気妻・寝取られ奥様達を紹介します!

思えば…男も女も
一度覚えてしまった快楽は
決して消えずに日々身体を火照らせてしまいます

女達は…旦那に内緒で…
また.あの快感を求めてしまう。

つまり…淫乱妻達の駆け込み寺です。


090-6312-6148

SMプレイはもちろん…寝取り寝取られ、3P、複数プレイ、痴漢プレイや露出など
少しアブノーマルな道を模索している初心者の男女の方もご相談ください。
(PC)
1/31(水)11:30
[削除]

▼美樹
今日はどんな調教をして下さるのか?胸の高鳴りを抑えて暗証番号を押すと直ぐに応答があり私はエレベーターに乗りました
日曜日のこんな時間ですから同乗する人もなく私一人でした。
エレベーターのドアが閉じると同時くらいにスマホが鳴り、出ると麻衣子様でした。
美樹、エレベーターを降りたら反対側に行ってその場で脱いで素っ裸で部屋迄来なさいと言われました...
えっ!外でですか?
そうよ、其処で脱いで素っ裸になっても構わないけど防犯カメラあるよ、管理人さんにストリップ見せたいのなら別だけど(笑)それからね、必ず反対側で脱ぐのよ、エレベーターに向けた防犯カメラがあるからね。服は通路に置いて来なさい、わかったね美樹。
...は、はい、でも、もし誰かに見られたら...
良いじゃない美樹は性奴隷なんだし、中学生にも見せたでしょいい、美樹は卑しい奴隷なんだからね、見られたらお礼するのよ、そう言って笑いながら電話が切られました。
私は言われた通りにエレベーターを降りると着衣を下着も含めて通路の端に置きました。
勿論、躊躇いました、でも私は麻衣子様の奴隷、自分で選んだ生き方なんだって呟くと不思議と落ち着き脱ぐ事が出来ました

バックを持った右手で胸を左手で股間を隠し早足で麻衣子様の部屋に向かう、麻衣子様の部屋は角部屋でエレベーターから一番離れた場所に位置しています、とはいえマンションの通路ですから普通であれば時間的にも距離的にも大したことはないのですけど...
その時はその何倍も遠くに感じました。
(501SO/s)
1/13(土)19:53
[削除]

▼美樹
12月24日、クリスマスイブの日曜日。
5時に目覚めました、独り暮らしなので日曜日にこんなに早く起きる必要はないんですけど、この日は別でした。
前日、会社からの帰宅途中に明日私の家に来なさいと麻衣子様から連絡がきていたからです。
指定された時間は朝の7時です...少しでも遅れたらお仕置きをされるんです、お仕置はその時々で内容は変わります。
あの日以後のお仕置きは鞭打ちが必須項目になったんです...
あの日、私は麻衣子様に捨てられたくないという思いから改めて奴隷にして下さいとお願いし鞭も受けますと誓ったんです。
だけど、麻衣子様の容赦のない鞭は可能な限り避けたいんです、ですから遅刻は絶対に出来ません。
ベッドから抜け出し全裸のままお風呂を沸かし沸くまでの間に首輪を外し衣類を整えました。
全裸なのは社会人になり独り暮らしを始めた時から自分で決めたルールです。
帰宅したら玄関で全てを脱ぎ奴隷の証の首輪を付けるんです。
全裸になり首輪を付けると私は解放された気持ちになると同時に破廉恥で卑しい牝を自覚し気持ちが昂るんです。
マゾ性癖を除いても私は性に対してルーズな女だと思っていて
全裸になり首輪を嵌めると此が本来の姿で私は性奴隷になるべき女だという思いに包まれます。

お風呂で入念に身体を洗い身仕度を整え部屋を出ました。
麻衣子様のマンションに着いたのは6時40分頃 。
(501SO/s)
1/7(日)20:30
[削除]

▼美樹
鞭が振り下ろされる都度に一本、また一本と私の身体に赤い鞭跡が刻まれました。
麻衣子様は全身に汗をかきながら嬉々として私の身体を鞭打ったんです。背中といわずお尻、太腿 、お腹...私は苦痛に耐える しかありませんでした
足を閉じることも手を下ろすことも許されず...
知らず知らず涙が溢れ顔は苦痛に歪む、麻衣子様はそんな私を見て満面の笑みを浮かべてこういい放ちました
牝豚、いい顔だよ〜さぁ最後の一鞭だよ!
そう言って下から掬い上げる様に鞭を振りました...
最後に鞭が狙ったのは私の大切な部分...股間です...
ウギャー!私は余りの痛さに思わず手をあてがいその場に蹲りました...
あぁ楽しかったァ♪やっぱり美樹は最高ねぇ、泣き顔がスッゴいそそるのよねぇ
ほら〜、いつまでも踞ってないで 仰向けになりなさい。
そう言って私の脇腹を軽く蹴りました。
鞭打たれた痛みに耐えながら仰向けになるとオッパイを踏みつけ、そして、足で踏み潰す様に乱暴に揉みながら
ねぇ美樹、鞭の味はどう?打たれて嬉しいんだよね?
また鞭打たれたい?
どうしたの?返事は?
...あの...鞭はもう...嫌です...許して下さい...
ふ〜ん嫌なんだ...でもねぇ私は好きなのよねぇ。
困ったね、どうしたら良いと思う?
そう言う彼女は笑っていました、オッパイを踏みつけている足に力をこめる。
そして、こう言いました。
鞭の苦痛は一時よね、美樹はマゾでしょ私が必要な筈よ違う?
捨ててもいいんだよ、捨てられたいの?
...そ、それは...
困るよね?調教されたいんでしょ?イヤらしい事されたいんでしょ?
沢山の人に恥ずかしい姿を見られたいんでしょ?
美樹はマゾだもの否定なんて出来ない、そうでしょ?
私はどう返答したら良いのか困りました、捨てられるのは嫌でした、でも鞭も嫌でした...瑞穂様に躾られマゾ性癖を自覚してから鞭打ちは憧れでした、でも、麻衣子様の鞭は手加減など微塵もなく私の鞭への憧れを粉々にし恐怖を植え付けました。
私に従えない奴隷に用はないのよ美樹、こないだ私の奴隷になるって誓った筈よ、あれは嘘だったの?
嘘じゃない、嘘じゃありません...私、本気です、本気で麻衣子様の奴隷になるって思ってます....
それなら、もう一度誓いなさい!美樹は麻衣子様の奴隷です、如何なる調教も受けますって...。

(501SO/s)
1/3(水)17:38
[削除]

▼美樹
麻衣子様と私はお互いの身体を存分に味わいました、麻衣子様の身体は色白で乳輪、乳首共に淡いピンク色で女の私が嫉妬する程に可愛らしい...なのに陰毛は剛毛で黒々と密生していました...私が其所を凝視してると麻衣子様は私を突飛ばしました馬鹿!何見てんのよ!
...ご、御免なさい...
駄目!許さないから!其処に四つん這いになれ!
命じられて四つん這いに這うと同時にお尻に麻衣子様の容赦のない平手打ちが...パチーン、パチーン...
このクソ女が!そう言ってお尻を蹴飛ばされました。
私はこの時、何故麻衣子様がそこまでお怒りになられたのか理解出来ませんでした。
でも、想うに麻衣子様は密生した硬い陰毛がコンプレックスなのでは?と....

四つん這い姿勢で蹴飛ばされた私は俯せに倒れました。
いいか美樹!お前のお仕置きはこれからなんだよ!
さぁ立て!牝豚!
私は命じられるままに痛みに耐えながら立ちました、麻衣子様に対面する様に...麻衣子様は私に両手を上に挙げ、足を開いて待ってる様に言うとリビングの隣の部屋に入りました。
ほんの僅かな時間でした、リビングに戻った麻衣子様の手には鞭が握られていました...
前に言ったかな?私ね、お前みたいな牝豚の苦痛に歪む顔が大好きなんだ...
そう言って麻衣子様は鞭を床に勢いよく叩きつけました...
牝豚、どかから打たれたい?お尻か?自慢のデカパイか?それとも背中?何処でもいいんだよ、さぁ、何処がいい?
返事に窮していると、何処でもいいんだね、じゃあ此処からだよ!
ビシッ! ギャッ...鞭がお尻に振り下ろされたんです。
思わず手をお尻に...すると狙い済ました様にその手に鞭が...
ヒッ!痛い!
誰が手を下ろしていいと言った!
そう言って今度は背中に鞭を振り下ろす...
泣け牝豚!再び背中に振り下ろされる鞭、ウギャー!麻衣子様の鞭に手加減はありませんでした。
(501SO/s)
12/31(日)21:24
[削除]

▼美樹
見て!誰か気付いて!美樹の裸を見て!私は心の中で叫んでいました。
開いたままのオマンコは乾くどころか愛液が溢れる程に蕩けていました。
やっぱりマゾ美樹は露出狂なんだよ、晒してるだけでオマンコぐちゃぐちゃじゃない、呆れた牝豚よねぇ
知らぬ間に背後に戻った彼女の右手が私の股間をまさぐり、愛液を指に絡めとり、準備万端ね....
そう言うと彼女は背後からバイブレータをオマンコにゆっくり挿入してきました 。
アッアッアッ....気持ちいい美樹? はい、お姉様...
美樹は奴隷ですお姉様の性奴隷です...
そう、牝豚美樹は私の奴隷、玩具、さぁたっぷりバイブを味わいなさい、ホラホラ...そう言ってバイブを突き上げる
ヒッ!ヒッ!アッアゥゥ...ア〜お姉様...もっともっと....掻き回して〜ぐちゃぐちゃにしてぇ〜
狂いなさい牝豚!ホラホラ...バイブの抜き差しが激しさをます
アッアッアゥゥ....ま、麻衣子様ぁ...悦びに身体が震える 私は自分でオッパイをガラスに擦り付けました...
美樹、見られてるよ、嬉しい?
は、はい...嬉しいです...また、露出したいです...
いいわよ〜身体にイヤらしい落書きして放り出してあげるから
楽しみにしてなさい...
美樹は露出狂いの変態って認めるんだよね?は、はい、お姉様...だ、だから、もっと....イヤらしく...メチャメチャにして...
(501SO/s)
12/25(月)21:50
[削除]

▼美樹
こうして見るとつくづくイヤらしい身体よね、お尻も垂れてないし、括れもある、太ってもない...でも、オッパイでかすぎよ、走ると痛いんじゃない?まぁ弄りがいがあって良いけどねぇ...何cupだっけ?
E cupです...E cupかぁ...G とかH cup かなぁって感じなんだけど...
今度はそのデカパイも見て貰わなくちゃね、観賞に耐えうるデカパイだもの...オマンコももっとイヤらしく飾らなきゃね、陰毛丸く刈っただけじゃデカパイに釣り合わないと思うの。
美樹もそう思うでしょ?
はい...お姉様...
麻衣子様は私の廻りをゆっくり歩く、私の身体を値踏みするかのように...そして、私の前に椅子を置き座ると私に足を開くように言う、そして私の股間をじっと見つめる。
時間にして1〜2分くらいだったと思います、同性にこんなに股間を見つめられたのは初めてでした。
身体が火照って股間が熱く潤うのを感じました。
不意に麻衣子様が立ち上がる、決めた!
美樹、提案なんだけどラビアにピアスの穴開けて鎖を垂らさない?
左右で二本の鎖よ、どう?
お姉様に従います...そう♪任せて!牝豚美樹らしいオマンコにしようね。
さぁ、それじゃあお仕置き始めるよ!
彼女が窓際に立ち私を招く、美樹、此処に来て...私が彼女の横に立つと彼女が背後に回りオッパイに手を伸ばす。
下から掬い上げる様に揉み始める、柔らかい...大きいから揉みがいがあるね、牝豚美樹に相応しいイヤらしいオッパイよね....
アッ!お姉様...彼女の右手が割れ目をまさぐる、其処は既に熱く火照っていました。
欲しがってる、美樹のオマンコ、欲しい?
は、はいお姉様、牝豚のオマンコぐちゃぐちゃにして下さい....
いいわ、美樹、ぐちゃぐちゃにしてあげるから足開いて両手でオマンコ開いて待ってなさい窓に向かってよ。
言い忘れていましたがその窓ははめ殺しの大きな窓で外の景色が一望出来ます、つまり私の裸が外から丸見えなのです....
私は其処でオマンコを開いてるんです...恥ずかしくて、でも嬉しくもありました。
(501SO/s)
12/23(土)18:38
[削除]

[次へ][最新]

[投稿する]
[ホームに戻る]
[過去ログ倉庫]
[友達に教える]
[管理画面]
[無料レンタル掲示板]

投稿:2223回

Presented by
Z-Z BOARD