SM告白BBS(M女)
1671333アクセス

超カスタムレンタル掲示板

[投稿][検索]

◆お知らせ
体験談、妄想、願望、なんなりと淫らな告白をお書き下さい。
☆ご注意☆
感想などはここに書かず
感想BBSへお願いします。
全角1000文字投稿可能





▼美樹
彼女はその日以後も幾度となく私を呼びつけ露出させました、股縄と縄ブラを締めた文字通りの奴隷の姿迄も...その都度気が狂いそうな程の羞恥とマゾとしての悦びに私はアブノーマルな性癖を満たした事を否定しません。
彼女は私が露出狂だと確信している様でした。
でも、私はマゾとして見られる事に感じ濡らすのだと思っています。
彼女の私に対する露出命令はどんどんエスカレートし素っ裸の私に首輪を嵌め散歩する様になり、それも回を重ねる度に時間が早まって来ています、当初は夜中の2時とか3時くらいからでしたけど...10時頃に呼びつけられそのまま彼女のマンション近くの公園で衣服を脱がされ素っ裸で公園内を一周させられました。
時間帯から怖じけづく私に彼女は例の写真をちらつかせて良いの?と...

散歩の最中、勿論私は四つん這いです、廃工場でセルフ調教していた時に決めた自分のルール、膝を曲げずにお尻を高く突き上げる様にして歩く事、その事を私は彼女に伝えてあります。
伝えた理由は私の欲望、あの写真がある限り彼女から逃げられない、それならマゾらしく惨めな牝奴隷として扱われたいという思いからです。
彼女は笑って無様な四つん這い姿を気に入ってくれました。
彼女に調教される様になって2ヶ月程経った頃、彼女の奴隷の証としてだらしなく伸びた陰毛を剃り落とされました。
全てではなく真ん中だけを剃り回りを少し残したんです。
彼女は私の陰毛を剃りながら此は美樹先輩が私の所有物という証、先輩が私を認めてないのはわかってる、呼び出しに応じるのもあの写真があるからですよね?でもね先輩、私、本気だから...先輩を私好みの性奴隷として調教するからと改めて宣言したんです。
先輩、完成よ、如何にも変態女のオマンコって感じになったと思うんだけど?
そう言って私を姿見の前に立たせました、どう?マゾらしくない?
鏡の中の私の陰毛は5mm 幅で割れ目を囲む様に残し後は綺麗に剃られていました、残した陰毛は1cm 程に揃えられていて割れ目を強調しているようで流石に恥ずかしくまともに見る事が出来ませんでした。
どう、マゾ美樹 気に入った?
は、はい...素敵なオマンコにして頂き有り難う御座います....そう答えるしかありませんでした。
(501SO/s)
10/16(月)19:44
[削除]

▼美樹
先輩、今度はちゃんと捲るのよ。捲らなかったら許さない、お仕置きするからね! お仕置き?って....まさか写真を...それはしない流して欲しいなら別だけど、流して欲しいの? だ、駄目!流さないで...だったら逆らうんじゃないよ先輩。
お返事は? は 、はい捲ります...
私は暫くして1人で歩いて来た中学生を呼び止めました。
怪訝な表情を浮かべ、何か用ですか?と聞く中学生。
先輩、また逃げたらわかってますよね、スマホの彼女からの脅しに私は意を決して彼女の言葉を復唱し中学生の前でスカートを捲り上げました。
中学生は突然の事に眼を見開き私の股間を凝視しました...そして、変態!馬鹿、死ね!などの侮蔑の言葉を投げつけて走り去る。
脚の震えが止まらず、股間からは熱く卑猥な涎が垂れていました。
やったね!先輩、出来るじゃない1人だったのが残念だけど、
で、どう、見られた気分は?スマホから興奮気味に彼女の声が聞こえました。
興奮しました..見られて感じて...
濡らしたのね?はい...先輩はマゾの上に露出狂かも知れないね
私は見られたいとずっと願ってきました。でも、実際に見られる事でこんなに興奮するなんて自分でも驚きでした...
(501SO/s)
10/5(木)22:08
[削除]

▼交際応援サークル
淫乱女性と出会えますよ(^^)

寝取られ調教済みのドMな人妻から
ハイヒールが似合う女王様まで
エッチな女性との出逢うきっかけを
あなたにも

思えば…男も女も
一度覚えてしまった快楽は
決して消えずに日々身体を火照らせてしまいます

女達は…旦那に内緒で…
また.あの快感を求めてしまう。

そんな淫乱妻達の駆け込み寺として
単独紳士さんにご紹介します。

出逢い交際応援サークル
全国OKですよ。

○九○ 六三一二 六一四八
電話受け付けは平日9時から17時頃まで
それ以外の時間帯はメールくだされば説明文を返信します。
(PC)
10/4(水)3:14
[削除]

▼美樹
じゃあ先輩、私は彼処から見てるから、そう言って彼女が指差したのは小高い場所に立つ珈琲店でした。
スマホは繋いだままにしておく事、指示を出すから先輩はその通りに行動して下さいね。
そう言って彼女は珈琲店に向かいました。
私はそんな彼女を見送りながら土曜日だから中学生は通らないだろうと密かに期待していたのですけど...そんな淡い期待はバイブの振動と共に消え失せました。
動いたみたいね スマホから彼女の声が聞こえました。珈琲店を見ると彼女が窓際の席で小さく手を振って居ました、電波が届くか試したのよ、それからね、土曜日でも中学生達、学校よ、クラブ活動があるからね、残念ねぇ先輩。
私の浅はかな思いは見透かされていたんです。
スマホから聞こえる彼女の笑い声が逃げられないんだよと言っている様でした。
再びバイブの振動が止まる。
数分後、先輩、来たよ、準備して!と、彼女の声
数メートル先に中学生3人の姿が確認出来ました。
どうしよう... どうしたら良いの?...私が戸惑っているとブーンとバイブが振動しました。
ヒッ!だ、駄目...無意識に股間を押さえました、と、同時に馬鹿!何やってんのよ‼スカート捲れ‼
駄目...イヤ、許して...許して、お願い...
私の背後を中学生達が楽しげに話をしながら通り過ぎました。
捲れって言ったでしょ!馬鹿!彼女の声は怒りに満ちていました、でも、私はこれ迄に公衆の前での露出は未経験でしたから羞恥心もですが恐さもあったんです。
(501SO/s)
10/2(月)22:47
[削除]

▼美樹
彼女が紅茶を私の前に置きながら、先輩、セーラー服似合ってますねと意味ありげに言う、私が此処まで来る間にどれ程の羞恥心を抱いたか...否、彼女はそれを見越してわざとセーラー服を送り付けたんだと思いました、彼女の調教はその時から始まっていたんです。
現役と言っても先輩なら通るんじゃないですか?
笑みを浮かべ揶揄する様な口調がそれを示していました。
ところで、先輩、これ知ってますよね?そう言って彼女がテーブルに繭形のバイブレータを置く。
アダルトサイトを見てる先輩だから分かりますよねぇ?
此ねリモートコントロール出来るんですよ、そう言ってスイッチを押すとテーブルのバイブレータがブーンと唸り踊る様に振動しました。
彼女の目論見は直ぐにわかりました。
今日下着は?穿いてますよね?
はい、パンツとパンスト..です...
じゃあ、パンツは脱いで此を下のお口に食べさせて欲しいんだけど
彼女のその言葉は私の予想通りでした。
パンストとパンツを脱いで再度パンストだけを穿きました、勿論、繭形のバイブレータを収めてです。
彼女が支度を済ませた私を連れ出したのは某中学校の通学路でした。
ちょっと早かったかな?
いい、先輩、もう少ししたら中学生達がここを通るからスカートを捲って見せるのよ。
そ、そんな事...ば、馬鹿言わないで!そんな事無理よ
アッ!股間のバイブレータが不意に振動したんです、彼女は私の抗議など歯牙にも掛けません。
うん、ちゃんと動くねと私の顔を覗き込み、奴隷の先輩に意思なんて必要ないの、玩具なんだから。
(501SO/s)
9/15(金)22:17
[削除]

▼美樹
彼女が私を奴隷にすると宣言してから1ヶ月程経った金曜日、セーラー服が送られて来ました。
添えられていたメモには明日、彼女のマンションに来るようにと書かれていました。
あの破廉恥な写真が彼女の手にある限り従う以外の選択肢はありませんでした。
土曜日の午後、私はセーラー服を着て彼女のマンションに向かいました。
彼女のマンションは私のアパートのある街から一駅離れた街に有り電車と歩きで30分程?かかりました..その間、私はセーラー服を着た私に皆の視線が集中している様に感じられ恥ずかしくてなりませんでした...
メモの地図と住所を頼りに探し当てたのは高層のマンションでした、私は最初間違ったと思いました、でもメモのマンション名と照らしあわせてみると間違いではありませんでした。
20代の彼女には不釣り合いな豪華なマンションだったんです。正直、驚き、圧倒されました。
私の二階建てのアパートとは雲泥の差です、どうしたらこんなマンションに住めるの?その時の私の素直な思いです。
エントランスで彼女のメモに書いてあった暗証番号を押して入りエレベーターで彼女の部屋のある20階に向かいました。
インターホンを押すと直ぐに開いてるから入ってという彼女の声が聞こえました、私が恐る恐る玄関のドアを開けると満面の笑顔で上がってと手招きをする、彼女が招き入れたのはリビングでした。
先輩、遅いですよ、先輩は私の奴隷なんだから、待たせないでよね、今回は許すけど、次からは1分でも遅れたらお仕置きだからね。
返事は!
は、はい、わかりました...
私の問い掛けとか何事にも直ぐに返事をしなさいね。
ほら!返事するの!
あっ、は、はい... まったく馬鹿なんだから。
後輩に馬鹿呼ばわりされるなんて屈辱でしたけど、反面、喜ぶ私がいるのも事実なんです。
まぁ、いいわ、馬鹿でも先輩はマゾだからね、私を楽しませてくれればいいの。
そう言ってソファーを指差し先輩、其処に座って待ってて、私が座るのを待つ間もなく彼女はキッチンに立ちました、そんな彼女を横目に辺りを見回すと家具も調度品も安物ではないと思いました。
(501SO/s)
5/29(月)18:44
[削除]

▼美樹
麻衣子さんの言う通り私は瑞穂様に奴隷調教をされていました、鈴はその証で、常に身につけておく様に言われたんです、無くしたくないから本物は部屋に保管していてそれは代わりの鈴なんです。
飼い主を探している事も洗いざらい告白しました。
聞き終わった彼女は満面の笑顔で美樹先輩は飼い主を探していて私は奴隷を探してたんだから、利害一致よね。
今日から先輩は私の奴隷、先輩を所有物にするから、今後は先輩は私の呼び出しに素直に応じ私の調教を受けるのよ、排泄も勝手にしないで私の許可を得る事、勿論オナニーもよ。美樹先輩の全てを管理するからね。
私好みのセックス奴隷に調教するから、鈴は捨てなさい。
そして、今、私は彼女の性奴隷として調教を受けています。
でも、私は彼女を飼い主様と認めた訳ではありませんでした。
あの写真が彼女の手にある限り従うしかなかったからです。
彼女の調教は余り直接的な、例えば縛って責めるとか、瑞穂様の様にディルドで犯したりという事ではなく、私を行動させて 彼女が離れた場所から破廉恥な指示をするというやり方が主でした。そして拒否は許されませんでした。

(501SO/s)
5/25(木)21:28
[削除]

▼交際応援サークル
男も女もみんな…

夫や妻に知られることなく
淫靡な性癖を隠して日々を過ごしておりますが
一度知ってしまった、あの快楽は決して忘れることはなく…
いつでもその火種を身体の中に飼っています。

羞恥に悶えるM奴隷の他人妻からハイヒールの似合う女王様まで

エッチな奥さんと知り合うきっかけを
あなたにも…

○九○ 六三一二 六一四八
(PC)
5/22(月)13:39
[削除]

▼美樹
....... 返事ないのね、という事は当たりなのね?じゃあ、考えとくねぇ、牝豚に相応しいデザインにしてあげるからね、楽しみにしてなさい美樹先輩 。
だらしなく伸びた陰毛を指に巻き付けたり撫で回す。弄らないで...恥ずかしい...そんな私の呟きは力ないものでした...彼女の卑猥な言葉や身体への愛撫が性欲を煽りもっと強い刺激を求めてマゾの血がざわめく、心では拒否しても身体が反応してしまう...
それにしても凄いね先輩の陰毛...毛深いし剛毛だしさぁ、さながらジャングルよね。
い、言わないで...恥ずかしいの?変態女にお似合いですよ〜
さぁ、肝心のここはどんな感じかしら..そう言って彼女が割れ目を指でなぞる、先輩、びちょびちょに濡らしてるここってなんて言うんだっけ?
そ、そんなこと...言えない...言うんだよ!引き抜くよ!彼女が陰毛を掴み引っぱる、さぁ言うんだよ!先輩
...オマンコ...駄目、聞こえないもっと大きい声で言うんだよ。
オマンコ、オマンコ...です...そう、言えるじゃない。
ここ防音しっかりしてるから大きな声出しても大丈夫なのよ。
さぁ、もう一度大きな声で言うの、オマンコ好きって...
....お、オマンコ...好き...オマンコ好きです!!
私は羞恥に身のすくむ思いで叫びました、じゃあ今度は美樹はマゾの変態女です、オマンコ奴隷になりたいのって言うのよ。
言われるままに私は繰り返しました、まさか、録音されているとも知らずに...
先輩は処女? オナニーは当然してるよねぇ?
答えなさい、処女じゃないんでしょ?は、はい中学生の時に...
同級生とか?はい...何回したの?一度だけです。
ふ〜ん、マゾのくせに一度なんだ、嘘じゃないの?
ほ、本当です...嘘をつきました...何故なのかは自分でもわからないのですけど...複数の男性に抱かれた事は言わずにおこうと思ったんです。
じゃあ オナニーは月何回するの?
...20回くらい..です...そんなに!呆れた女ねぇ。まぁ変態だから、オマンコ弄らないと我慢出来ないんでしょうけど...
ん?紐??美樹先輩何なのこの紐?そう言うと紐を引き出す
アッ!だ、駄目引っ張らないで!これって鈴よね?なんでオマンコに入ってるの?答えなさい!なんで鈴を入れてるの?
最早言うしかありませんでした...
(501SO/s)
5/20(土)21:02
[削除]

▼美樹
マジでイヤらしい下着ねぇ、オッバイ見えてるし、普通に売ってないよね?通販?
アダルトサイトの通販です。そのサイトってSMサイトでしょ?
はい...そういうの見てオナニーするんだよね?
他に何か買ったの?正直に答えなさいね
彼女は私の股間をまさぐりながら矢継ぎ早に質問をしました。
縄と首輪とかバイブレータや下着類...です。
今度でいいから全部私に提出しなさいね、私が管理するから。
ところで先輩、毛、はみ出てるじゃない。手入れしてないの?
それは、あの...理由があって....
ん?なぁにどういう理由?
....言いたくないです.... ふ〜ん、まぁいいわ、さぁそれも脱いで....
全裸になった私の周りを品定めをするようにゆっくり歩く。
写真でも思ったけど、実際にこうして観るとやっぱりスタイルいいね、括れてるし、オッバイでかいし...何センチ?cupサイズは?
87cm 、E cup... です.... ふ〜ん、弄りがいあるね、根元縛られたり、踏まれたりされたいでしょ? 私が踏んであげるからねぇ ふふふ...柔らかい...つきたてのお餅みたいって言うじゃない、先輩のオッパイって正にそれよね、揉んでると凄く気持ちいい、先輩も揉まれると気持ちいいんじゃない?声出してもいいんだよ〜、彼女がからかう様な口調言う。
私は恥ずかしくて俯く事しか出来ませんでした。
後輩の同性に素っ裸を観賞されオッパイを揉まれているんです
から...
乳輪も乳首もピンク色で可愛いよねぇ余り弄らなかったの?
そんな事...言えません
ふん変態マゾの分際で気取ってんじゃないよ!
痛い!彼女が摘まんでいた乳首をねじったんです。
でも、万力で挟んだりしていたなどと言える筈もありません...
美樹先輩、あんたマゾとしての自覚が足りないんじゃない?私の奴隷になるにはそういうとこ調教しないと駄目みたいね。
あっ!そっかぁ、背後から手を回し乳首を揉みながら唐突に彼女が言いました。
陰毛、私の好きなようにcutして下さいってことなのね?違う?
(501SO/s)
5/6(土)20:24
[削除]

[次へ][最新]

[投稿する]
[ホームに戻る]
[過去ログ倉庫]
[友達に教える]
[管理画面]
[無料レンタル掲示板]

投稿:2203回

Presented by
Z-Z BOARD